2018年を振り返る

2018年もあと1週間になりました。
今年の思いは今年のうちに吐き出してしまおうと思います。
少々、おつきあいください。

今年は、お得意さんと思っていた折箱が、
競争に立たされ、あっけなくその方向に流されていく。
それは見事なほどに…。

原因は何?
当時は思いっきり反省もしましたし、振り返りもしました。

結果、それはそこまでの『ご縁』だったんだと納得できるまでには、
スタッフ全員、相当の時間を要しました。

しかしながら、
そこで立ち止まっている場合ではありませんでした。

出会いの数々…
それは、私たちにいろんな挑戦をさせてくれました。
新しい『ご縁』は、2018年を温かい1年にしてくれました。

『最後に、この折箱を手にする人のことを考える。』
それが、社長の口癖です。

2019年も、
木の優しいぬくもりが詰まった折箱を届けられますように。

みなさんにとって、来る年が良い年になりますように。

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink.

コメントは受け付けていません。