今度は25%削減

2030年までに、
ペットボトルや食品容器などの排出量を25%削減目標という案を、
環境省が検討しているらしい。

もちろんこの中に、レジ袋も入っている。

お鍋を持ってお豆腐を買いに行き、
魚屋さんで、魚を木皮に包んでもらう。

イメージしやすいようにお話するならば、
日曜夕方に長年放送している、
あの漫画の時代を目指そうというのかもしれない。

メーカーさんが来るたびに質問攻めにしている。
『スーパーなんかで使うトレーとかは、簡単に考えたら薄くする方向?』
『原料で削減の方向?それとも、形になった方で削減なの?』
こうなると、ただの面倒なおばさんである。

そこへ主人が一言…
『人口が減れば、使用料も減る。そこを踏まえての25%なんじゃないの?』

なるほど、12年後の日本を踏まえての25%!
って、25%も自然に減るものなんだろうか?
楽しみでもあり、不安でもある。

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink.

コメントは受け付けていません。