最下位県最下位町

魅力度ランキング
5年連続最下位の茨城県です

『ひよっこ』で茨城弁が毎日テレビから流れても、
最下位を維持した茨城県。
こうなると、あえて、最下位になっているとしか思えないです。

その最下位県で
2040年市町村将来推計人口ランキングの最下位市町村が、
何を隠そう折重所在地の河内町です。

なぜ、折重がこの河内町を住処にしているかと言いますと…
会長の出生地だったこともありますが、
折箱を作るときにでる機械の音などが、
大自然に溶け込んでしまうからです。

ちょっとしたことに怒りっぽい最近の日本ですが、
その中で、電話の音もかき消される木の裁断の音を出しても、
そっと『普段の生活音』にしてくれるところは、河内町の懐の深さです。

『また最下位だってよ~。
 しゃんめ~、逆に、ビリの方が目立つべよ~。』
(※しゃんめ~=仕方ないでしょ)

そんな負け惜しみも聞こえそうですが、
今日も、最下位県最下位町で、
コツコツ頑張る折重です。

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink.

コメントは受け付けていません。